人参健康倶楽部

人参ジュースに最適な無農薬人参を九州熊本より直送

簡単美味しい人参ジュースダイエット

   

人参ジュースダイエットの基本

朝はにんじんジュース

約500mlの人参をゆっくり噛みしめるように飲みます。

昼はおそば

ざるそば、とろろそばなどお腹に負担をかけないものを食べます。 そばはビタミン、たんぱく質、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

夜はお好きなものを

和食を中心に「おいしい」「好きだ」という物を食べます。飲酒もOKです。

人参ジュースダイエットの秘密

にんじんジュースはダイエットが目的ではありません。ダイエットが成功するのは、「食べ過ぎない習慣づくり」にあります。 にんじんジュースダイエットによる食べ過ぎない習慣は簡単にできてる健康法で、ダイエットに成功した人の多くがその後も続けています。続けている人から「便通がよくなった」、「体のダルさがなくなった」など聞きます。

食生活の改善で肥満を解消

多くの病気の原因は食生活にあるとよく言われます。「肥満は万病のもと」という言葉があります。肥満の原因の多くは食べ過ぎにあります。つまりは食べすぎは万病のもとと成り得るのです。私たちは子供の頃から1日3食きちんと食べなさいと教わっています。しかし、その食事が苦痛であるなら胃に負担がかかっているのかもしれません。

なぜ朝にんじんジュースを飲むのか?

朝にんじんジュースを飲むことで、前日の夕飯から次の昼食まで胃や小腸、大腸の消化吸収を休ませることが出来ます。その結果、血液や体の細胞は浄化排泄に集中することができ、体に溜まっていた老廃物や余剰物が排出されやすくなり、基礎代謝があがります。

お風呂でしっかり温まろう

「冷え」は体を堅くし病気にかかりやすくしてしまいます。体が冷えると老廃物や余剰物の燃焼が悪くなります。免疫力を高め、丈夫な体をつくるためには体温がとても大切です。 体外から温めるためにシャワーで済ませず湯船につかり、温かい衣服を身につけ、また体内から温めるために、生姜や唐辛子体を温める食材を使いましょう。(昼食おそばの薬味で摂るといいかも) にんじんは体を温める食材に分類されています

本物の人参ジュース

にんじんジュースダイエットは痩せることだけが目的ではありません。 お手軽なのは市販のジュースを買って飲むこと。しかし体のために続けるのなら本当のにんじんジュースで続けて欲しい。 本当のにんじんジュースには、市販のパックや瓶入りのジュースにはない●●があります。 詳しくはこちら→その人参ジュースは生きていますか? 無農薬人参のご注文

おすすめ図書